屋形船に乗るときの服装について考えてみてください

場に応じた服装であれば恥ずかしい思いもしません

屋形船に乗ることになったものの、どんな服を着ていけば良いのかと悩むかもしれません。
きちんとした服を着ていかなくてはいけないのだろうかと、不安になる方もいらっしゃるかと思います。
勤務先の忘年会があり宴会をすることになった、家族で食事をすることになったなど、船に乗る目的もさまざまかと思いますので場に応じた服を着ることが望ましいです。

忘年会など勤務先の宴会であれば、仕事が終わってからそのまま船に移動をすることも考えられます。
男性ですとスーツを着ている方も多いかもしれませんが、宴会でしたらスーツでも問題ないかと思います。
女性もオフィスカジュアルなど、勤務先に着ていく普段の服で船に乗られる方も多いです。

不安であれば、どのような服装で船に乗るのか同僚などに聞くのもおすすめです。
もしくは幹事に普段の服装でよいか聞いて、恥ずかしい思いをしないように対策を立てておくのも良いです。
家族で食事をすることになり船に乗られる方も多いですが、その際は家族で服装についてあらかじめ話し合ってはいかがでしょうか。

還暦などお祝いをするために船に乗るのであれば、おめかしをされる方もいらっしゃるかもしれません。
久しぶりに家族で集まって食事をするだけであれば、カジュアルな服装で船に乗られる方もいらっしゃいます。
最近結婚式の2次会などのパーティーをされる方も増えてきましたが、その際は男性はスーツ、女性はドレスを着て乗られる方も多いです。

もしくは和装をしたいと、着物を着られる方もいらっしゃいます。
世間一般的に結婚式の2次会など、パーティーに呼ばれた時に着ていく服装であれば良いのではないでしょうか。

和装をするときは船に乗るということを考えておいてください

屋形船といえば昔から歴史があるものなので、乗る時には和装で決めたいと考える方も多いです。

夏には浴衣を着ても良いですし、冬は着物を着られる方もいらっしゃいます。
日頃からよく和装をされる方は慣れもあり、スムーズに動くことができるかと思います。
しかし久しぶりに着たなど和装に慣れていない方は、動きづらいことが考えられるので注意をしてください。

船の上なので揺れることもありますし、足場が場所もあるので気をつけてください。

せっかくだからと高価な着物など着られる方もいますが、水がかかるかもしれないと考えておいたほうが良いです。
水しぶきがかかったり、足元に水がかかることもありますので、あまり高価なものは着ない方が良いかもしれません。
着物などレンタルをする場合は、水がかかって汚れても良いのかと事前に確認をしておくと安心です。
また船を乗り降りする時に、草履を川の中に落とすことがないように気をつけてください。

せっかくの機会なので着物を着てみてください

着物を着るのは大変かもしれないと躊躇するかもしれませんが、冬など寒い季節は防寒対策にもなるのでおすすめです。

中は暖房がきいていて暖かいかもしれませんが、外に出て景色を眺める際などは防寒をしたほうが良いです。
地上よりも気温が下がり肌寒いと感じることが多いですが、着物を着ていることで暖かいと感じられます。
着物はお祝いに呼ばれたときにしか着ない方も多く、滅多に着る機会がないとも言われています。

屋形船に乗る際に着物を着ると、風流も出て周りから注目されるかもしれません。

せっかくの着るチャンスですので、着物を着られてはいかがでしょうか。
女性だけではなく、男性も着られる方が多いので夫婦や家族で着物を着るなど楽しむことも出来ます。
先頭さんが股引姿であることも多く、着物を着ることでさらに雰囲気が出るかもしれません。