屋形船にスムーズに乗るために

予約をしよう

屋形船には各船によって定員があるので、事前予約が基本です。
一部の観光船など予約なしでも気軽に乗れるタイプもありますが、その場合は食事などが付かないほか、トイレなどもなく、30分から1時間程度の船の旅を楽しむだけです。
予約なしでも当日乗りたい時に乗れる分、混雑時には順番を待たなくては行けなかったりします。

船に乗って景色を楽しみながらランチを楽しみたいという方や、ディナーを楽しみたいという方は予約が賢明です。
少人数であれば乗合船の予約となりますが、10名や15名と集まれば貸切船も利用できます。
貸切船はコースは決まっていても、出航日時を自由に設定できるので使い勝手もよく、職場での宴会や同窓会などをはじめ、大切な取引先や外国人ゲストの接待やおもてなしにもおすすめです。

結婚式や結婚披露パーティー、誕生会や還暦祝い、退職祝いなどのお祝い事をはじめ、法事などに利用される方もおり、冠婚葬祭から様々なイベントに利用できます。

乗る場所を確認しよう

貸切船の場合は乗船場と最寄り駅を送迎するバスが用意されたり、乗船場所から近い職場の宴会などであれば、職場などへ迎えのバスが出ることもあるので便利に利用ができます。
一方、乗合船の場合には各自が屋形船の出航場所まで出向かなくてはなりません。

出航場所は各船会社の船宿か、隅田川や東京湾の東京を巡るコースであれば、都内に11ある公共の乗船場のいずれかが指定されています。
いかに予約を入れたとしても、出航時間がくれば乗合船は出航してしまうので、出航時間に遅れないように行かなくてはなりません。
屋形船に乗るのが初めてという方をはじめ、指定の乗船場に初めて行くという方も多いと思いますので、事前に場所や行き方をよく確認して、乗り遅れないように準備しておくことが大切になります。

11ある公共の乗船場へのアクセス法は以下の通りですので、各自利用しやすい乗船場からのコースがあるか確認をしておきましょう。
お台場などに向かう晴海乗船場(朝潮小型船乗り場)は都営大江戸線の勝どき駅から徒歩5分ほど、越中島乗船場は東京メトロ有楽町線月島駅から徒歩6分またはJR京葉線越中島駅より徒歩3分です。

隅田川やスカイツリー周遊に便利な吾妻橋乗船場は東京メトロ銀座線の浅草駅より徒歩3分、両国橋乗船場はJR総武線両国駅西口から徒歩3分、二天門乗船場は東京メトロ銀座線の浅草駅より徒歩5分といずれも駅からのアクセスがしやすく、都心のど真ん中にあり、春の桜を楽しむ隅田川クルーズの乗り場としても人気の日本橋乗船場も東京メトロ東西線または銀座線の日本橋駅より
徒歩3分、銀座線または半蔵門線の三越前駅より徒歩2分とこちらも近いです。
一方、桜橋乗船場は浅草駅より徒歩15分、明石乗船場は東京メトロ有楽町線の築地本願寺前から徒歩15分と徒歩では少し遠くなりますので、乗りたいコースや利用する船会社で指定された乗船場がこちらになる場合は時間に余裕をもって出かけましょう。
特に地理に不案内の方や、初めての場所では迷いやすい方は気を付け、最寄り駅からタクシーなどを利用することも検討しましょう。
お台場エリアから乗る場合のパレットタウン乗船場はゆりかもめ青海駅徒歩0分またはりんかい線の東京テレポート駅より徒歩3分、有明小型船乗船場(ビックサイト)はゆりかもめの国際展示場正門前徒歩3分です。

東京湾クルーズでの利用や、今は中止されていますが東京湾大華火祭の主要乗り場になっていた竹芝乗船場はJR浜松町駅から徒歩10分またはゆりかもめの竹芝駅から徒歩5分となっています。
納涼船や花火大会の開催時には、浜松町駅から多くの方が歩いていくので、通常であれば、初めての方でも迷わずにたどり着けるでしょう。